2007年01月08日

☆脅威のダイエット食材”納豆!

昨日のTVを見ていたのですが、あるあるTVで良いのやっていましたね〜(笑)

ダイエット食材!その名も【納豆】

キーワードは、DHEAっという成分だとか

→続きはこちら
posted by 3win at 21:47 | Comment(0) | 食生活

2006年11月25日

食といじめ問題

今、食育基本法に基づいた報告によると、朝食をとらない「欠食」や、1人で朝食をとる「孤食」が子どもに広がっているようです。

家族がそろって夕食をとる回数も減っているようですし、ここにきてもう一度、真剣に『食』というものをしっかり見直さなければならないのではないでしょうか?

今、大変問題になっている『いじめ』の問題。

私たちの頃(昭和40〜50年代)の頃には、いじめの問題は、なくはなかったと思いますが、決して死にまで追いつめるものでは、ありませんでした。

当時を振り返れば、家族みんなで食事を取り、必ず、朝食を食べ、学校にいたものです。

朝食と学力との関係を調べた研究もいろいろあるようですが、朝食摂食者は、朝食を食べると、集中力、学習能力が高まり、記憶力が日中良いようです。

脳にとって唯一のエネルギー源であるグルコース(血糖)が補給され、ベータ・エンドルフィンという脳内に爽快な気分を作り出すからだそうですが、朝、起きだてというのは、食用はわきませんようね。

夜遅くまで起きていると、どうしても朝しわ寄せが来てしまい、結局十分な朝食がとれず、悪循環となりがちです。

まずは、早寝から食の改善が、始まると言っても過言ではないのでは、ないでしょうか。

私の場合、仕事などで夜遅くまで起きていて、朝食が摂りにくいとき、朝、豆乳とバナナだけは、摂るようにしています。

もちろん決して十分では、ありませんが、やむを得ないときは、何か工夫も考えたいものです。


ファーストフードやインスタント食品が増え、かなり食生活も便利になった反面、食に意識を向けることが少なくなり、同時に自分をつくる体をも変えていったのかもしれません。

本来体に必要な栄養素。本当にバランスのとれた食生活であるか。そして食を介しての人とのコミュニケーション。

子供を教育するのは大人です。

そして人間形成途上、教育を受ける側の子供たち。

どちらも根本をなすのは、食事です。

健全な食生活が失われつつある今、食を見直すことが、教育の根本を改革する重要な要素のように感じます。





→コレで、私は、絶好調!
posted by 3win at 15:17 | Comment(0) | 食生活
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。